【ロッキン2020】チケットはいつ購入(抽選申し込み)するのがベストか?

2020年も開催されます「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」 通称ロッキン。

2020年は合計3日間の開催が決定しています。
気になるのは「見たいアーティストが分散してしまって、何日目に行くか悩む」という問題ですね。
全日程に参加する猛者の皆さんは別にして、僕のように毎年1日しか参加しない人間にとっては、やはり「どの日に行くか」が最重要課題となってきます。

そこで今回は、昨年のチケット申し込みスケジュールを参考にして「いつ申し込むべきか」についてまとめてみたいと思います。

2019年&2020年のチケット申し込みスケジュール

2019年と2020年のチケット申し込みスケジュールをまとめてみました。

注意
2020年のチケット申し込みはまだ発表前です。
  • 特別割引先行受付
  • 2019年2月27日(水)~3月11日(月)

  • 第2次抽選先行受付
  • 2019年3月25日(月)~4月1日(月)

  • 第3次抽選先行受付
  • 2019年4月9日(火)~4月15日(月)

  • 第4次抽選先行受付
  • 2019年5月8日(水)~5月13日(月)

  • 第5次抽選先行受付
  • 2019年5月22日(水)~5月27日(月)

  • 第6次抽選先行受付
  • 2019年6月5日(水)~6月10日(月)

  • 第7次抽選先行受付
  • 2019年6月19日(水)~6月24日(月)

  • 一般発売
  • 2019年7月6日(土)〜

となっています。
各日ごとの出演アーティストは、何回かにわけて順次発表されていきますが、仮に最も早い申込み「特別割引先行受付」では、まだアーティストの発表はされていません。
「誰が出るかわからない」状態で申し込みをする状態になります。

チケット申し込みのパターン

ここからは、2つのパターンに分けて申し込み開始するスケジュールをみていきたいと思います。

出演アーティスト関係なし!とにかく早い段階で申し込み

基本的には複数日程に参加する人の申込み方法になるのかなと思っています。
初期の抽選先行受付から申し込みをしていきます。もちろん出演アーティストは分からない状態での申し込みになります。
僕には到底できませんw

この方法で購入することで、仮に落選になってしまった場合でも、まだまだ申し込みできる回数が多いのも事実です。
最終的にチケットが手に入らなければ元も子もないので、早めに申し込むのも、全く無意味ではないということですね。

仮にチケット当選し、その後出演アーティストが発表され「当選した人は別に日に参加したい」となった場合、誰か他に人とチケット交換するという手もあります。
お互いの行きたい日(需要と供給)があえば、チケット交換するのも手です。

MEMO
後述しますが、2019年6月よりチケット転売規制法が適用となりますので、そのあたりも考慮する必要があるのかもしれません。

ある程度アーティストが発表された段階で、日程を決めて申し込む

僕のように毎年1日しか参加しない人は、基本的にこの方法で申し込むのがベターだと思います。

徐々に出演アーティストが発表されますので、だいたい自分が行きたいのは何日目か、なんとなく決まってきます。
申込みのスケジュールでいうと、第三次、第四次抽選受付あたりになると、結構アーティストが決まってくるはずです。それを待って申込みをします。

自分の行きたい日に申し込みできるのは当然良いことですが、落選した場合、初回から申し込みしている人に比べると、再度申し込みできる回数は少なくなります。

注意
ちなみに僕は過去に一度だけですが、第三次抽選申し込みから毎回落選しまくり、最終的にチケット購入できなかった年もあります。。

結論、どの日に行っても楽しいです!

自分のお目当てのアーティストが出演する日に参加できれば、もちろんそれが一番満足度が高いかもしれません。

しかしながらロッキンのようなフェスでは、今まで見たことがない、聴いたことがないアーティストを見る良い機会でもあります。
ロッキンで初めてしったファンになったアーティストなんて、ほぼ毎年のように出てきます。

なので、最終的にはどの日程であれ、チケットが手に入って参加できれば、絶対に楽しいです。それがロッキンです!!

チケット転売規制法について

上述しましたとおり、2019年6月より、チケット転売規制法が施行されます。簡単に言ってしまうと
「転売目的でチケットを購入して、定価より高い金額で売ったりすると罰則受けるよ」というものです。

若干、判断基準が難しい部分がありますが、「アーティスト発表前に申し込んで当選、その後別日に参加したくなり、他の方とチケット交換した」ということであれば、転売を生業としたものではないし、おそらく問題はないんだとは思います(たぶん・・・)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。