【レビュー】ace.の通勤用リュック『GADGETABLE』を購入!

これまでずっと通勤用のリュックは、モンベルの『トライパック ミニ』という商品を使っていました。
これは「手持ち」「背負う」「肩にかける」ができる、いわゆる3WAYバッグで、使い勝手もよくとても気に入っています。

参考 モンベル トライパック ミニmontbell.jp

しかし今回、もう少し小ぶりで「背負う」リュックメインで使える商品として『ace. GADGETABLE』(ガジェタブル)を購入したので、紹介したいと思います!

aceとは?

スーツケースや旅行かばん、ビジネスバッグなどを製造する日本メーカーで、昭和15年創業と、とても歴史があります。
ビジネスバッグとしても定番ブランドのひとつになっています。

参考 ACEace-dot.com

GADGETABLEについて

今では通勤時のリュックスタイルはすっかり定着しましたが、満員電車などではどうしても邪魔になりがちです。
GADGETABLEは通勤時でも邪魔にならないバッグとして作られており、厚みも10cm程度に抑え、スリムでシンプルなデザインをしています。
時代に合わせて作られた商品ですね。

商品の外観

早速ですが、これが今回僕が購入したリュックになります。
Akurasaiga

この「GADGETABLE」というシリーズですが、標準タイプと撥水タイプがあり、僕が購入したのは撥水タイプの中でも限定販売されていたモデルです。
通常モデルは表面に柄模様などは一切ないのですが、これは斜めにボーダーがはいっています。
Akurasaiga

こちらが背面で、メッシュ素材となっていて通気性も確保されています。
Akurasaiga

ハーネス部分を収納することも可能で、手持ちバッグとしても使えます。
Akurasaiga

MEMO
中央のベルトは、スーツケースなどのハンドル部分に固定するためのものになります。

各収納ポケットの紹介

メイン収納部分

非常にスリムで適度な厚みとなっています。小物を入れるような基本的なポケットももちろんありますが、手前の円筒部分が珍しいつくりになっています。
Akurasaiga

この円筒部分ですが、ペットボトルや折り畳み傘などが収納できるように作られています。
ポイントとしては、メインとなるファスナーを開けなくても、横にある別のファスナーを開けてアクセスできる点にあります。
Akurasaiga

こんな感じで開けると・・・サイドからも取り出しが可能になっているんです。
Akurasaiga

実際にペットボトルを入れてみると、構造がわかりやすいですね。
Akurasaiga

Akurasaiga

ちなみに僕は、以前紹介した折り畳み傘を入れて使っています。
【レビュー】登山傘は日常使いにも最適!『モンベル トレッキングアンブレラ』を購入!

PC収納部分

メインよりも背中よりの部分にあるファスナーを開けると、PCが収納できるスペースがあります。
起毛になっているので、PCへの衝撃もかなり和らげてくれそうです。
Akurasaiga

実際に13インチのPCを入れてみました。マジックテープで固定する仕様ですが、グラグラすることなく安定しています。
Akurasaiga

フロント収納部分

リュックの全面にも、2箇所の収納があります。電車に乗っている時、リュックを前に背負う場合などに役立ちます。スマホやタブレットなども入るサイズです。
Akurasaiga

サイドポケット

背負った状態で右手側に、小さなポケットがあります。
これは背負ったままでも開閉できる位置なので、リュックを背負ったまま財布を出し入れするのにとても便利です!
Akurasaiga

収納以外のポイント

底面には金属のスタンドがついていて、バッグが自立できるようになっています。 移動時など、ちょっと下に置きたいときでも重宝します。
Akurasaiga

このバッグにした一番の決めて

デザインやサイズなど、全体的に気に入って購入しているのですが、実は一番の決め手があります。
それは毎日通勤時に持っていく「マイ弁当箱」が、メイン収納部分の底にぴったり置けることです!w

もともと通勤バッグに合うスリムな弁当箱を使っているのですが・・・
Akurasaiga

ちょっと見づらいですが、ピッタリと収納&固定できて、移動時に弁当箱がぐらつきにくいんです。
Akurasaiga

総評

もともと通勤時のことを考慮して作られているバッグなので、非常にストレスなく使っています。カジュアルすぎず、かと言って窮屈なデザインでもないです。
もちろんスリム弁当箱にもピッタリですね!