コスパ最強!イヤーピースをComply(コンプライ)に変えるだけで音質は激変!

スマホの普及とともに、イヤホンを使って音楽を聴く人は多くなりました。
「最低限ちゃんと聴ければそんなに音質にはこだわらない」という人も多いと思いますし、イヤホンなどに数万円も出せない人も多いと思います。

僕は音楽が好きなので、極力音質を向上させたいと思い、

  • プレイヤー本体
  • イヤホン
  • アンプ
  • リケーブル
など色々と音質向上アイテムを使ってきました。
そんな中でも、かなり価格が安く音質をアップさせたい人には、ズバリ「イヤーピースの交換」をおすすめしています。

結論から言ってしまうと、Comply(コンプライ)製のイヤーピースをおすすめしており、かなり音質が変わると思っています!

イヤーピースとは

イヤーピースとは、イヤホンなどで実際に音が出る部分(耳の穴に入れる部分だと思ってもらってOK)のことですね。
イヤホンにもよりますが、ゴム製のイヤーチップが標準で付いていることが多いと思います。

イヤーピースは劣化もしますし人のよって耳の穴の大きさも違うため、基本的には簡単に取り外しができるようになっています。

純正で付いているイヤーチップは、耐久性や製造コストなどの関係で、音質重視にはなっていないのが一般的です(高級イヤホンなどは別ですが)。

コンプライのイヤーピースについて

ここからは、コンプライ性のイヤーピースについてご紹介をしていきたいと思います。
僕が別の記事で使っている画像、ここについているイヤーピースもコンプライ製のものですね。

【レビュー】イヤホン『XBA-H3』をリケーブル!ソニー純正ケーブルでコスパ良し!!

特徴

通常、標準でついているイヤーピースはゴム製のものが多いですが、コンプライ製のイヤーピースは「低反発ポリウレタン製」です。

低反発は、枕の素材なんかでも定番になっていますが、簡単に感触を伝えると「ムニュムニュしてる」「ギュッと押したあと、ゆっくり元の形に復元する」みたいな感じです。

MEMO
伝わってなかったらすみませんm(__)m

低反発素材の特徴を活かし、素材が耳の形状にフィットしてくれる、というのがあります。
しっかりフィットしてくれるため、イヤホン自体にノイズキャンセリング機能がなくても、密閉性が高く外部の音をかなり遮断してくれます。

そのことにより、低音がかなり安定的に聴こえるようになるというメリットもあります。
とはいえ低音だけではなく、全体的に音質向上が期待できるのがやはりコンプライの素晴らしいところだと思います。

種類

コンプライ製のイヤーピースですが、いくつかの種類に分かれています。
というか組み合わせがかなりあり、何を買っていいのか結構悩みますw

選び方を簡単にまとめると

  1. タイプ(形状)を選ぶ
  2. ノズルタイプ(イヤホン本体との取付)を選ぶ
  3. サイズ(耳への装着)を選ぶ
となります。

その中で言うとノズルは、使用しているイヤホンに取り付けるためのノズル径なので、つまりはイヤホンによって変わってきます。
なのでここは、イヤホンに合うノズルにすればいいので、悩む必要はないです。イヤホンに適合するノズルを調べる必要はありますが。。

つまり考えなければいけないのは

  • タイプ(形状)
  • サイズ(耳への装着)
の2つになるのですが、今回は僕が使っている「Tsタイプ」についてご紹介したいと思います。
MEMO
それ以外にも色んなタイプがありますが、Tsタイプはアジア人向けに開発された商品です。各種イヤホンにも取り付けが可能で、汎用性が高いかと思います。

タイプ(形状):Tsシリーズ

出典:Comply公式サイト

球形の形状になっていて、ソフトな装着感です。
今回は紹介していませんが、もっと円筒状の長いタイプもあり、それに比べても耳への圧迫が少なくなっていると思います。
僕もずっとこのTsタイプを使っています。

ノズル

ノズルについては、自分が使っているイヤホンによって決まるので、イヤホンの情報を調べてみましょう。

「○○(イヤホン名) コンプライ」とはで検索する、もしくはイヤホンのメーカー公式サイトなどを調べるとかですね

Tsタイプで用意されているノズルは下記になります。

Tsタイプで用意されているノズル

  • 100
  • 130
  • 150
  • 160
  • 167
  • 200
  • 400
  • 500

数字だらけで正直分かりづらいですが、、僕が現在メインで使っているイヤホンだと「100」が装着できるノズルタイプになります。

注意
耳への装着ではなく、イヤホン本体とイヤーピースの装着という意味です。

サイズ

こちらがいわゆる「耳の穴へ入れる部分のサイズ」です。

サイズ

  • Sサイズ
  • Mサイズ
  • Lサイズ

これはなかなか「このサイズが合いますよ」とは言えないのですが、、僕はMサイズを使っています。

女性はもしかしたら一般的にはSサイズのほうが合うのかも?とかは個人的に思いますが、ここばかりは実際に試す機会を作ってみて、自分に合うサイズを見つけてみてください。

音質について

先程も密閉性からくる低音の向上について書きましたが、高音や中音も犠牲になることなく全体的に音の幅が広がると思います。
遮音性も高まるので、カフェで勉強する学生さんなどにもピッタリじゃないかと思ってます。

価格

種類にもよりますが、だいたい2,000〜3,000円で3セット(左右合わせて6個入ということ)付いてます。
1セット1,000円弱と考えると、音質向上アイテムとしてはコスパ最強じゃないかと思います。

まとめ

とりあえず「あまりお金をかけずに簡単に音質上げたいな」と思ったら、まずはイヤーピースの交換から始めるのが絶対にいいと思います。
イヤーピース=コンプライというくらい有名な製品で評価も高いので、自信を持っておすすめできますね。

音質アップしていい感じだなって思ったら、それ以外のアイテムを試してみてほしいなと思います!

ちなみにTsタイプには、耳垢ガード付きのTsxタイプも存在しますので、あわせてご紹介しておきます。
厳密に言うと、僕が使っているのはこのTsxタイプになります。