【レビュー】トップアスリートも愛用する磁気ブランド『コラントッテ ネックレス クレスト 』

フィギュアスケートの宇野昌磨選手、プロゴルファーの石川遼選手、プロ野球の内川聖一選手など、数多くのトップアスリートが愛用する磁気健康ギア『コラントッテ(Colantotte)』

コラントッテの主力アイテムとなっているネックレスから、『コラントッテ ネックレス クレスト 』を購入したのでご紹介します。

コラントッテの技術が詰まった「N極S極交互配列」とは

コラントッテ磁気製品の特徴といえば「N極S極交互配列」です。

N極とS極を交互に配列することで、磁気の効果範囲を広くし、筋肉のコリに効くよう設計されています。この独自配列は、今回購入した『コラントッテ ネックレス クレスト』でも、もちろん採用されています。

『コラントッテ ネックレス クレスト』を開封していきます

こちらが製品のパッケージです。

ウラ面には、「N極S極交互配列」に関する説明が記載されています。また販売元や製品名などの記載もあります。

早速開封すると、製品本体のほか、取扱説明書も同封されています。

今回購入したのは、コラントッテ製品を取り扱う「ほぐしやLABO(ほぐしや本舗)」さん限定カラー「ブラック×ブラック」です。ステンレスの留め具部分も、ブラックでコーティングされているモデルになります。サイズはS、M、Lとあり、Mサイズ(約47センチ)を購入しました。

『コラントッテ ネックレス クレスト』の特徴を紹介

シリコン製のシンプルなデザインで、あらゆるシーンに対応可能

『コラントッテ ネックレス クレスト』ですが、ネックレス自体がシリコン製でつくられています。
光沢のないシンプルなデザインなので、プライベートはもちろんビジネスシーンでも良い意味で主張しすぎることはありません。

またシリコン製のメリットとして、水に強いというのが挙げられます。
睡眠時や入浴時、スポーツの際でも活躍しそうです。重量が21グラム(Mサイズ)と軽量なのもポイントです。

ネックレス自体の幅は、5~6ミリ程度です。

磁石ジョイントで、簡単に着脱が可能

全面のステンレス部分が留め具になるのですが、磁石ジョイントになっています。
そのためワンタッチで簡単に着脱が可能です。

ちなみにこちらがジョイント部分(磁石)です。ジョイント部の留め具には、SUSLという錆びにくいステンレスが使われています。

N極S極交互配列が肩・首のコリに効く

先ほども説明しました、コラントッテ独自の「N極S極交互配列」を採用。広範囲に磁気の力が作用し、肩や首のコリをほぐしてくれます。

実際に装着してみました

装着した状態で正面から撮影したものです。シリコン製のマットな風合いもあり、ファッション的にも非常に落ち着きがあります。僕は比較的首が太いほうですが、Mサイズでも窮屈さは全くありません。

一枚シャツを着た状態です。

今回購入したのがブラックだったので、黒いシャツに合わせてみました。
これだとネックレスはほとんど目立たなくなりますね。

総評

磁気に限らず、製品の効果効能に関しては個人差があるのは間違いないです。
ただその中でも、コラントッテ製品には、多くの有名アスリートが愛用しているという実績があるのも事実です。

普段僕はネックレスなどのアクセサリーは全く使わないのですが、肩や首のコリが酷く、シンプルで主張が強すぎない製品として『コラントッテ ネックレス クレスト』を選択しました。
軽く、シンプルで、装着も簡単な磁気ネックレスをお探しの方は、コラントッテの磁気ネックレス『クレスト』は非常におすすめです!