【基礎知識】電子マネー決済とQRコード決済の違いについて

2018年は、日本国内でキャッシュレス決済がかなり話題になりましたよね。
PayPayやLINEPayなどが大規模なキャンペーンをおこなったこともあり、一気に知名度が上がった気がします。

しかしその反面、一言で「キャッシュレス決済」といっても、もはや何が何だか全くわからない、という人も多く見かけます。
「◯◯ペイ」が乱立して、混乱している人も多いようです。

そこで今回は、キャッシュレス決済の中でも「ここが分かれば、一応最低限の理解ができる」と個人的に思っている『電子マネー決済』と『QRコード決済』の違いについて簡単にまとめてみたいと思います!

注意
最近よく見かける、「(主に)QRコード決済の各サービスの比較・おトクな情報・ポイント◯重取り・・・」といった情報は触れません。本当に全く分からない人向けの情報となります。

そもそもキャッシュレス決済とは?

一言で言えば、現金以外での支払い・お金のやり取りです。
昔は現金で支払いするのが当たり前でしたが、今では現金を持ち歩かなくても買い物ができる時代です。
2020年の東京オリンピックをはじめ、インバウンド向けの施策としても、政府自体がキャッシュレス化を推進しています。

僕も今では現金はほとんど持ち歩かず、キャッシュレス決済ばかりになりました。

昔から、現金以外で馴染みのある決済としては「クレジットカード決済」がありますが、これもキャッシュレス決済のひとつです。現金を持たずに買い物ができますからね。

今回のこの記事では

  • 電子マネー決済
  • QRコード決済
の違いについて、すごく簡単に(稚拙に?)説明していきます。

電子マネー決済とは

比較的以前から生活に浸透している決済方法ですが、スマホや専用カードを支払い端末に近づけるだけで支払いが完了するものです。スマホの画面を開く必要もないです。

MEMO
超基礎情報なので、仕組みなどの説明はしません。

一番分かりやすい例が、駅の改札です。
今ではSuicaやPASMOのカード(もしくはスマホ)を改札に近づけるだけで通っていきますよね。あれも電子マネーです。
いや、要はあれが電子マネー決済なんです!w

改札の読み取り部分に近づけると「ピッ」と鳴って決済が完了して、改札内に入っていけます。お店などでの支払いも全く同じです。

どこかコンビニで買い物して、たとえばSuicaを使って支払いをしたい場合、店員に向かって「Suicaで」と言うと、店員はSuica支払いの準備をしてくれます。
その後専用端末(要は改札の読み取り部分と同じ)にSuicaカードやスマホを近づければ良いわけです。

もう電子マネーについては理解できましたね!
代表的な電子マネー決済としては、

  • Suica
  • nanaco
  • WAON
などが挙げられます。
電子マネーは基本的には、事前にお金をチャージしておくものになります。
事前に1万円など金額を決めてチャージしておき、残高がなくなったら、再度チャージしないと使えません。
MEMO
事前チャージではなく、後払い(ポストペイ型)電子マネーもあります。
QUICPayiDがそれにあたります。

QRコード決済

QRコード決済とは、スマホにインストールした専用アプリから、支払い用の画面を表示して支払います。
電子マネーのSuicaほど分かりやすい例がなく、混乱の原因になっているのが、このQRコード決済でしょう。

大きく分けると、

  • お店が表示した画面を、自分のスマホアプリ(のカメラ)で読み取る方法
  • 自分のスマホアプリに表示した画面を、お店の人がスキャンする方法
の2つがあります。(←これも混乱の要因)
代表的なものとしては、
  • PayPay
  • LINEPay
  • 楽天Pay
  • メルペイ
  • Origami Pay
あたりでしょうか。

それぞれの特徴

電子マネー決済

電子マネーの特徴としては

  • スマホがなくても決済できる(実物のカード)
  • スマホでも決済可能(iPhoneについては7以降でないと使えないと思っていいです)
  • スマホの画面を開いたりする必要がない
  • 事前のチャージが必要

QRコード決済

QRコード決済の特徴ですが

  • スマホと専用アプリが必要
  • 古いスマホでも使える(iPhone6以前でも)
  • 支払い時にスマホの画面を開く必要あり
  • サービス乱立して分かりづらい!

スマホ決済っていうけど?

「電子マネー決済」「QRコード決済」とは別に、スマホ決済という言葉をよく聞くと思います。
これはまた別に「スマホ決済」というサービスがあるわけではないです。単純に『スマホを使って支払いを済ませる』という意味です。

なので電子マネーであっても「モバイルSuica」で支払いをすればスマホ決済です。
ただQRコード決済はスマホがないと使えないので、最近では「スマホ決済」というと一般的に「QRコード決済」のことを指しているような気もします。
とはいえ、明確な定義はないです。
ちゃんと理解している人は「スマホ決済」という曖昧な言い方はしないと思います。

まとめ

どうでしょうか?
仕組みなどではなく、実際に使う上での、電子マネー決済・QRコード決済の基本的は違いはわかりましたでしょうか?

その上でではありますが、今では各社色んなサービスやキャンペーンも行っています。
メルペイなどは、基本的にはQRコード決済サービスなのですが、iDと提携しているので電子マネーとしても利用可能だったります。

個人的には、後払い電子マネー(QUICPayとiD)が便利&ラクでかなり活用しています。
事前チャージ不要、クレジットのような暗証番号入力も不要、専用アプリを立ち上げも不要。とかなりラクですね。

とはいえ、最近のQRコード決済各社の大規模キャンペーンは、うまく活用すればかなりおトクに買い物ができますからね。
もちろんこれらも活用しようと思います!