『Amazon MasterCardゴールド』に入会しました。

三井住友カードが発行する、『Amazon MasterCardゴールド』に入会しました。
これまで入会金・年会費無料のクレジットカードしか持っていませんでしたが、今回初めてのゴールドカードになります。

主な付帯サービス

このカードの主な特典は、以下のなります。
・Amazonでの買い物で、2.5%の還元。
・Amazon以外での買い物で、1%の還元。※還元されたポイントは、Amazonギフト券への交換となる。
・国内の主要空港ラウンジサービスが利用できる。
Amazonプライムが付帯される。
・海外旅行保険がついてくる。

やはり「Amazonプライム付帯」が一番の特徴でしょう。

年会費

年会費は、10,000円(税別)です。
ただ、いくつかの方法を取ることで、年会費を抑えることが可能です。

年会費を抑えるための手続き

2つの手続きをすることで、それぞれ年会費を抑えることが可能です。
・マイ・ペイすリボに登録する。
・WEB明細を利用する。

「マイ・ペイすリボ」ですが、登録することで年会費を半額にすることができます。
こちらはリボ払いが前提となってしまうため、躊躇する人も多いかもしれませんが、その都度支払い額を設定することが可能です。(1万円単位)
なので、僕は多めの金額でリボ払い設定をしておき、毎回一括払いと同様の扱いになるようにしています。

「WEB明細」ですが、利用をすることで1,000円費用が下がります。

つまり・・・
(年会費)10,000円 ÷2(マイ・ペイすリボ割引)-1,000(WEB明細割引)=4,000円(税別)
となります。

ここで重要になってくるのが「Amazonプライム付帯」です。
Amazonプライムですが、会員になるばあい年会費が3,900円かかってきます。
そう考えると、現在の消費税8%で考慮しても、Amazonプライム会員+420円で、ゴールドカードが手に入ると言えるかもしれません。

MEMO
2019年4月12日、プライム会員年会費の値上がりが発表されました。3,900円から4,900円となります。
これにより、実質的にMasterCardゴールドを作成したほうがお得になってきます。
注意
ただし、MasterCardゴールドの割引が受けられるのは、2年目以降となるようです。

個人的には、年会費を払う価値のあるカードかと思いました。
Amazonプライムのサービスはもちろん、旅行好きで空港を利用することも多いので、ラウンジサービスを積極的に使っていこうと思っています。